【プラモデル】ヤスリの種類と正しい使い方そしてその効果について

こんばんは!

Licky Brawnです(^^)/

今日は初心者にもやさしい『ヤスリの種類と使い分け』について書いていきます。

『ヤスリの番目がよくわからない・・・』

『ヤスリを使って綺麗に仕上げたい・・・』

プラモデルを作ったことのない初心者の多くはこのような悩みを抱えているでしょう。

ヤスリにはさまざまな種類がありますがそれぞれ用途が異なります。

この記事では初心者の方のためにヤスリの特徴と使い分けを紹介します。

プラモデルのヤスリがけが必要な場合

パーツ同士を接着した際に接着剤がはみ出したり手に付いたものがパーツに付いたりすることがあります。そのようなときヤスリやパテを使って修正を行います。

接着剤を用いた場合に起こりやすいトラブルにパーツが少しズレて接着されてしまうことがあります。このようなとき、へこんだほうにパテ盛りをしてラインを修正する必要があります。

スチロール樹脂系接着剤がはみ出してしまい、手で触ったりすると波紋のように接着剤がパーツについてしまうことがあります。この場合、対応は簡単で完全に乾いた後ヤスリがけをすれば大丈夫です。

接着剤が控えめだったため、ところどころ未接着の部分(黒いはっきりとした線のところ)ができている場合、無樹脂溶剤型接着剤を流し、再接着を行います。

スチロール樹脂系接着剤で接着した状態です。このように接着できればこの後にヤスリがけを行えば接着線はきれいに消えます。

瞬間接着剤を用いたときに起こりがちなハミ出しの状態です。盛り上がって硬化した場合接着剤をカッターである程度そぎ落としてからヤスリがけをするほうが良いです。

手に接着剤が付いているのに気ずかずにパーツに触ってしまうと指紋がモールドされる場合があります。このようなとき、パーツのモールドを損なわないように1000番ぐらいのペーパーで指紋を削ります。

無樹脂溶剤型の接着剤を用いて接着した場合、溶けたプラ部分が盛り上がるようになり、盛り上がりを削ると下に気泡が隠れていることがあるので注意しましょう。

プラモデルの完成品の完成度を左右しかねないのが、接着線(接着したところに残る跡)とパーティングラインです。これが残っているとプラモデルのリアルさが損なわれ、完成品がチープに見えてしまいます。

プラモデルのパーツを見てみると、モールドではない不必要な線状の凸部が見られます。すべてのパーツにあるわけではないですが、金型の合わせ目がパーティングラインとして残るためで基本的にはランナーに囲まれた面上に位置します。

つまり、ランナーに付いた状態でパーツの側面に集中することが多いです。最近はパーティングラインが目立たないように金型を工夫しているものが多いです。

プラモデル作りで紙ヤスリを上手に使う方法

接着の合わせ目をきれいに消すことが模型製作のポイントです。表面を均一に仕上げるためにはヤスリがけが必須です。

タミヤパテ(ベーシック・グレイ) (素材)

模型用のキズ埋めパテとして最もポピュラーなものがタミヤパテです。色はグレイで主成分は樹脂分と金属粉です。速乾で、Mr.カラー用の薄め液で溶かすことができます。ただ、あまり厚く盛り付けることは不向きです。

というのも、含まれている溶剤分が揮発することで硬化する性質上、あまり一度に盛りつけるとなかなか硬くなりません。そしてひけ(揮発した溶剤分だけカサが減る)ができるなどの減少が起きます。こうした性質を正しく理解したうえで使うようにしましょう。

フィニッシングペーパー(細目セット) (工具)

紙ヤスリは入手のしやすさという点から考えればタミヤのものが手軽でよいでしょう。タミヤの物はバック紙自体のやわらかさがちょうど良く、持ったときのフィット感が良いです。

もちろん耐水ペーパーになっているので水研ぎも可能です。金物店などの耐水ペーパーは大判で経済的ですがバック紙が硬く使いづらいです。プラモデル用としてはフィニッシングペーパーが一番良いです。

平面を出したいときは当て板をしましょう。たんざくに切ったプラ板に両面テープを貼り紙ヤスリを固定します。

曲面(凹部)に対しては、中にプラ棒などの棒材を巻き込んだ紙ヤスリを使うとよいです。

紙ヤスリを上手に使う方法のひとつとして、固く平らなものに紙ヤスリを固定して使うというのがあります。たとえば東急ハンズなどで売っているアクリル板の端材(厚さ3mm以上のものが良い)や平らな木板(5mm厚以上の合板の端材)を当て板にするといいです。

板の片面(または両面)に両面テープを貼ります(テープどうしが重ならないよう注意)。

そして紙ヤスリを貼り付けて板状のヤスリとして使います。表裏で紙ヤスリの番手を変えておくと便利です。広い面を平らに削りたいときなどに使います。

プラモデルパーツの接着線を消す

カッターナイフを使う

接合部の盛り上がりがはげしかったり、パーティングラインがくっきりと出て段になっていたときには、紙ヤスリだけではなかなか対処できないことも多いです。そうした場合にはカッターナイフを使うとよいです。

カッターの刃を立てて動かすだけで、カンナのように切削することができます。ただしあまりやりすぎると、曲面などが平らになってしまうので注意しましょう。カッターの刃も新しいものを使うようにしましょう。

エッジ(特にL字におちこんだところ)などはデザインナイフを利用して削り込みます。このあと紙ヤスリをかけましょう。金ヤスリを使うのは、プラモデルではなるべく避けた方が無難です。

小さな面をきちっと出さなければならないときはデザインナイフを使うと小まわりが利いてよいです。ただし、刃わたりより狭い幅なら良いですが、それより広いところはナイフの先で面の端をえぐったりするので注意しましょう。

紙ヤスリを使って整形する

ゆるやかな曲面に対しては手で持った紙ヤスリでペーパーがけをします。指の腹が適度に曲面にフィットするので、当て板などはしない方がよいでしょう。

使用しているのは400番のものです。プラモデルならばこのぐらいの番手からヤスリがけするのがちょうどよいです。これより粗いとヤスリ傷を残しすぎるため注意しましょう。

凹部に対するペーパーがけは2つ折りにした紙ヤスリの角の部分を利用してやります。凹部の幅などに応じてプラ板などを挟み込むとヤスリがけしやすいです。

平面をしっかり出すにはこのようにプラ板に貼った紙ヤスリをあてるか、またはアクリルブロックに紙ヤスリを貼ったものの上で、パーツのほうを動かして少しずつ面を出してやるといいです。

パーツの方を動かしてペーパーがけをすると、平面出しなどがしやすいです。パーツを円を描くように動かします。パーツに加える力はヤスリ面に垂直にかけるようにしましょう。

プラ板の角のまわり込んだ紙ヤスリは、細密の棒やすりと同じような使い方ができます。2つ折りした紙ヤスリにプラ板を挟み込むという使い方ができます。

プラモデルの段差やすき間をパテを使って消す

ラッカーパテを使うために必要なもの

万年塗料皿・10枚入 (工具)

一度で使い切るつもりなら塗料皿、溶きパテを作りおきしたいのならフィルムケースなどを使うとよいです。塗料の空き容器などでも大丈夫です。

Mr.カラーうすめ液 (大) (250ml) (溶剤)

ラッカーパテの濃度を調節するのにはグンゼのMr.うすめ液が必要です。他種のうすめ液(エナメル用、水性アクリル用)では溶けないので注意しましょう。中キャップの真ん中に穴を空けると出しやすいのでおすすめです。

神ふで 仙人筆 (4本セット) (工具)

パテを塗るための筆を用意しましょう。塗る面積によって平筆、丸筆など何種か用意しておきます。使い終わったらすぐにうすめ液で洗わないと硬くなってしまうので気を付けましょう。

溶きパテの使い方

すき間、ヘコミ、キズなどを埋めるのにもっとも頻繁に使用するのがプラモデル用のチューブ入りパテです。チューブから出すだけで盛りつけOKな便利品ですが、これをもっと使いやすくしたのが、溶きパテというものです。Mr.カラー用のうすめ液を用いれば、ラッカーパテは濃度調節することができます。こうすれば、広い面積にパテを均一に塗布したいとき、とても作業が楽です。細かなキズの中へもパテが入りやすくなります。ただ、タミヤパテは溶いたものを放置しておくと成分が分離するので使うときにはよくかき混ぜるようにしましょう。

溶きパテは好みの濃度に調節できるのが利点です。作った溶きパテは重い成分がすぐに沈殿してしまうので良くかき混ぜながら使いましょう。他にも便利なキズ埋め材としてサーフェイサー500というものもあります。

筆を用いて溶きパテを塗ります。塗料を塗るように塗っていけばよいですが、ちょっと厚めに塗りたいときはあまり一度に塗ろうとせず、一度塗りが乾いたら塗り重ねるほうがいいでしょう。

パテが完全に乾いて硬化したらペーパーがけをします。パテは爪で押さえて傷が残らない、というのが硬化のひとつの目安です。パテはすぐに紙ヤスリの目づまりを起こさせるので水をつけながらの作業が効率的です。

ひけ(凹み)がある場合には、ヘラのようなものでラッカーパテをすり込むようにして盛り付けます。

最後に

いかがでしたか?

ヤスリの種類ごとの特徴をつかんで自在に使い分けましょう。

プラモデルを作るうえで必要な道具について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

\詳しくはこちら/

ホビーサーチ

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

コチラ↓↓をクリックしてデジニューを応援

最新情報をチェックしよう!